皆さん、こんにちは!

今日の八丈島は朝から雨&霧・・・・

本格的な梅雨空となってしまいました。

この分だと、飛行機は全便欠航か

市場からの生花が届かず、仕事にならない・・・・

予約を受けているお客様に平謝りですねぇ・・・・

この島の気候はいつも不安定です。

気温・湿度はクワガタ飼育にはもって来いなのですが、いかんせん人間が住むには住み辛い・・・

暇と言うことも有り、前回羽化したスマトラアチェ・S-ヤコブの一番気になっている個体の再測定をします

前回測定時はまだ固まっておらず、やんわり測定し、99.79mmと判断しましたがさてさて・・・・



spヤコブ再計測1
あいも変わらず写真下手・・・・


そして、再測定





spヤコブ再計測2



だいぶ固まっておりますので、採寸は合っていると思うのですが・・・

縮むどころかまさかの100UP

素直にこの数字で通して良いものか

オオヒラタ1年目での100UPは出来過ぎぢゃないか

しかし、その個体を私の手に乗せた時の虫の躯体の力感からしてもう縮む事はなさそうなので
これで決定します

と言うことで、ラベルをこうしました。



spヤコブ再計測3


それから、今年度新に組んだ「産卵セット2つ」のご紹介です



産卵セット
上からご紹介します。

T-TOPプロナス血統構成
T-TOP氏プロナス101mm F3 からの累代です。

F4の購入幼虫は、最大で♂90.7mm F4 ・♀48.4mmで羽化しており、

このペアを親としました。早期羽化してしまい、思いのほかサイズは伸びませんでしたね・・・

しかし、貴重な個体群なので今回サイズUPを狙いペアリングしました。

交尾確認後、5/27にメスを産卵セットへ投入

6/19に個体数を抑えるためメスを出しました。

7/4にはBOXの底の菌糸部分に幼虫を目視で確認できました。

ひとまず次世代へ繋がりましたねぇ


そしてもう1つ写真の下の段の産卵セットです。

TSヤコブ血統構成

こちらの血統構成は・・・

ハーキュリーMからのOUTラインのS-ヤコブ♀49.3mmCBF2と

T-TOP氏プロナス♂90.7mmF4を掛け合わせた血統になっています。

我が家のNEWラインとして期待しています

NEW血統管理名をTSヤコブとし、管理します。

両方の系統共に大型血統ですので面白いと思ってます
スポンサーサイト

今日は、前回羽化してきたスマトラアチェ・Sヤコブの計測をしました!

まずは一頭目!




spヤコブサイズ1

・H25年2月25日割り出し

・最終幼虫計測53.3g

・羽化日H26年6月3日

・97.53mm

計り方によっては、98mm有るのですが・・・残念!!




気を取り直して2頭目!

前・前回のUPした記事で、羽化の連続写真を撮った個体です。

・H25年5月6日割り出し

・最終幼虫計測52.5g

・羽化日H26年6月19日

こちらです!!



まだちょっと赤く、尻も引っ込み切らないのですが、我慢できずに軽く計測!!


spヤコブサイズ2
くうぅぅ~~~~!ちょっと足りない!!

この個体は大台いけると思ってたんだけどなぁ~~残念!!

計り方によってはギリギリ100mmぐらいですが、縮むでしょうから・・・多分、いや!絶対!!


しかし、最終幼虫体重・・・我が家では余り当てには出来ませんね・・・


まだ蛹が居りますが、期待を持てるほどの個体はいません・・・多分・・・

羽化してみなければ分かりませんがね・・・・

種親として来期に期待です!!

今日の朝、仕事場にあるクワルームをのぞいてみると・・・

sヤコブ羽化1

前回ご紹介したスマトラ・アチェ、Sヤコブの蛹が羽化直前!!!

しばらく時間も忘れて観察していると・・・徐々に!!!


sヤコブ羽化2

sヤコブ羽化3

sヤコブ羽化4

sヤコブ羽化5

sヤコブ羽化6

sヤコブ羽化7

sヤコブ羽化8

sヤコブ羽化9

連続で神秘の瞬間をご覧いただきましたが、朝8:00頃から羽化が始まり、最後の写真が15:30・・・

頭が持ち上がるまでに要した時間は約、7時間半・・・

かなり時間が掛かるものですね!

私は相当の暇人ですね!(笑)

しかし、中々タイミングが合わず、羽化の瞬間に立ち会うことは難しいので、ラッキーでした!

羽化不全も無く、完品羽化しましたね!

今回、羽化して来ている個体群は、菌糸の添加剤の配合は少なめでの飼育でしたので、ディンプルも無く、とても綺麗な個体に仕上がっています!

サイズに関しても、血統の力を借りながらまずまずの成果を挙げることが出来ました。

この分ですと、次世代の菌糸への添加剤の配合をまだ強く出来そうです!

ボディサイズに比べて顎幅が細いので、添加剤の種類の配合内容を見直すことも必要になりますね!

顎幅は遺伝情報が強いと思われますが、試してみる価値は有りそうですね!

あとは、幼虫の温度管理方法も見直しが必要のようです。

今季の飼育で分かった事の一つに、私の所では冬場のオオヒラタの幼虫管理にヒーターなどの暖房が必要なく飼育出来る事、その分幼虫期間の延長が見込める事です!今回の私の所のオオヒラタの割出から羽化まで1年以上の時間が掛かりました。(♂の早期羽化も数頭いましたが)

♀はほとんどが10か月以内の羽化でしたが・・・♀のこれは仕方がないのかな??


大型を羽化させるためには、ペアリングの時期も大きく関係しているような気もしています!

折角オオヒラタの飼育環境が中々良いこの島ですので、この島の四季をもっと有効に使ってみます!!



皆さん、こんにちは!

一昨日5/25に羽化した個体をご紹介します!


スマトラオオヒラタ・アチェ CBF2 Sヤコブです!



昨年、3/5に割り出し、最終体重58.7gで3/25に蛹化しておりました。



写真がこちらです!



オオヒラタ羽化1

オオヒラタ羽化2

オオヒラタ羽化3
写真がでかすぎました・・・・

固まっていないので、触れませんがサイズはソコソコありそうです

親サイズが96.0mmでしたので、親超えしてくれたら最高なんですが・・・・


他のS・ヤコブも一頭を残して蛹化しており、羽化が楽しみです。

残りの一頭は最高体重が60.7gまで行き、最終体重57.6gまでダイエットした個体ですが、只今前蛹中です。

こちらも楽しみですがダイエットの不安が残りますね・・・・



それから、昨年幼虫で購入したT-TOP氏の101mmプロナスアチェのF4が昨年の10月末に羽化しており、

ペアリングを行いました!

サイズ・・・♂90.7mm×♀48.4mmのペアです。

どちらもかなりの早期羽化となってしまい、(幼虫状態でのクール便輸送が大きく関係しているものと思われます)

親サイズに比べて小さく出てしまいましたが、我が家では期待の血統なので次世代に期待しペアリング慣行です!!

今回は顎縛りなどは行わずに目視によるハンドペアリングです。



こちらがその様子ですが・・・


T-TOPプロナスペアリング0

小ケースに木の皮を敷き、エサと♂と♀を入れただけですが、今回は♂の顎を縛っていないので、貴重な個体なので心配でした

が・・・・・


T-TOPプロナスペアリング1
こちらの心配をよそに・・・即効、合体

この♂はかなり上手でしたね!!  実はオオヒラタのハンドペアリングを成功させてのは今回が始めてでした。

昨年は、私の経験不足から噂に聞いたオオヒラタの♀殺しを心配する余り、あの手この手で♂の顎を固定し、ペアリングに望みました。

今回の結果を見て、シンプルにペアリングを行う方が成功率UPとペアリング時間の短縮となり、かえって♀は安全なのでは??と思います。

要は♂♀がどれだけ成熟しているか?の問題だけなのではないでしょうかね???




♀を数日養生させてから、昨年好調だったこの産卵セットへ投入します!!
                    

T-TOPプロナス産卵セット

もう一組残っているT-TOP氏プロナスアチェF4の♂と♀は、Sヤコブ血統とペアリングさせる予定です。

T-TOP氏プロナス・アチェとハーキュリーMのOUTラインのSヤコブ・アチェ血統を掛け合わせて、更なる大型血統を作るのが
今のところの大きな目標です。

皆さん、こんにちは!

本日で、GWも最後ですね!皆さんGWを満喫されましたか?

明日からお仕事の方も多いと思いますが、頑張って行きましょう!


さて、本日の虫ネタは・・・・

タイトル通り、スマトラアチェの割り出しを行いました!

本来は、5/19に開ける予定でしたが、マットの中にニョロを発見してしまいましたので、本日行う事に致しました。


20130506_111302.jpg

20130506_111332.jpg
実は、割り出しを行う事にした理由がもう一つあります!

マットから虫(小さくて飛ぶやつ)が沸いた為です・・・
かなりうっとうしいヤツです!耐えられず、開ける事にしました・・・・

ハエとは違う?ような・・・・・この虫の正式名称は何と言うのでしょう???
皆さんのところでもこの虫が沸きますか?


20130506_111353.jpg
材を割ると早速、卵が・・・・・
やはり、ちょっと割り出しが早かっとかな??

20130506_111410.jpg
そして、更に割り出して行くと・・・・・
ニョロが出てきました

20130506_111435.jpg
結果、卵7個ニョロ11取れました!
スマトラはマットの方に沢山産卵すると思っていましたが、我が家のスマトラのメスは材の方に沢山産卵しておりました!これは前回のこのスマトラメスの産卵セットも同様の結果でした。

このセットに使用したマットと材は・・・・オオと同様で・・・

マット:川口商店さんのクワマット
材  :西日本こんちゅう社さんの「ハイパーニクウスバ材」(一月以上常温にて放置して腐食を進ませたもの)

前回のセットで15頭、今回のセットで11頭+卵7でしたので、スマトラ・アチェのセットは今期は上々の結果になりました!

20130506_111452.jpg
菌糸ビンに無事に移し変えました!

このスマトラ飼育には夢というか、目標があります!

デカくて太い!個体の作出です!その名も「スーパーヤコブ計画」! (大笑)
なんて、自分の中で勝手に盛り上がっていますが・・・
デカさと太さの両立は簡単では無いでしょうが、 出来る限りやってみようかと思います!
産卵数の減少などのインブリードでの血の限界!を打開する為、積極的に気に入った血を入れて行きたいですね!

何年かかるか・・・・・

何はともあれ、大きく元気に育ってくれれば最高です!







それから、話は変わりますが、常温と高濃度酸素飼育を行っていたオオクワガタの途中経過ですが・・・

常温飼育組が蛹化を始めています!
20130506_111515.jpg
手前のビンはメスですが、蛹になっています!

20130506_111529.jpg
高濃度酸素飼育組は・・・蛹室を作っているようにも見えますが?開けて見ないと分かりませんが、前蛹でしょうか??
写真が分かり辛くてすみません・・・

20130506_111719.jpg
これは、常温管理の最終体重24.9gだったオスの蛹です!
どうしても確認したくて掘ってしまいました!
幸い、菌糸ビン上部に蛹室を作っていたので、掘るのは楽でした!
大きさは親ぐらい(74mm)は有りそうですが、羽化してみないと分かりませんよね??

20130506_111741.jpg
別角度です!


我が家のオオたちは、これからガンガン蛹化ラッシュを迎えそうです!
楽しみが増えます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。