皆さん、こんにちは!

ますます寒さが本格化して来ましたが、皆様体調は如何でしょうか??

我が家では娘がインフルに掛かってしまい、息子と嫁までダウンする始末。。。

娘の感染が、この冬の八丈島でのインフル感染者第一号だと病院で言われました。。。

暮れの忙しい時期に私はダウンする事も出来ないので、何とか精神力で感染を防いでいます!(ダメかも・・・)

そんな中、2回目の産卵セットを組んでいたS-JACOB アチェ αラインの割り出しを行いました!

S-JACOBαラインとは・・・我が家のスマトラ・アチェの最大同士のライン(♂100.08×♀52.08同腹の管理名)です。。。

私は、ブリードをより楽しむ為、自分流の血統を育て上げるのを目標にこのような管理名をつけて楽しんでいます!

これがまた結構愛着が湧くんですよ!  夢とロマンを持って!!

s-JACOBアルファ1

10/23にセット入りしていた♀を、11/6に回収。。。

s-JACOBアルファ2

約15日間の産卵期間ですが、さて、どれだけ幼虫が採れるのか??

s-JACOBアルファ3

産卵BOXの底の部分に1ニョロ発見!

どうやら中に居るようでちょっと安心。。。

そして結果!!



s-JACOBアルファ4

幼虫10頭!

卵4個!!

15日間で10頭+卵4個。。。

このメスは約、1日1個卵を産んでいたという事ですねぇ~

産卵セットの残土はしばらく取っておくので、幼虫が増えるかもしれませんが。。。

前回の1回目のαライン産卵セットからは幼虫12頭、卵8個でした。。。
その後、残土から新に幼虫1頭と卵4個回収しているので、合計は13頭+卵12個と言うことになっています!

そして今回の2回目が幼虫10頭+卵4個でしたので、今期のαラインの割り出し総合計は・・・・

幼虫23頭+卵16個と言うことになりました!

卵はダメそうなのも結構有りそうなので、今後この系統の幼虫が増えるかは分かりませんが。。。

この2回目のセットから、お約束している友人に数頭送ります。。。

カップに詰めた菌糸が落ち着き次第送ろうと思っていますので、しばらくお待ちくださいね!(^^V

それから、今期組んだもう一つのライン、S-JACOB βライン(♂100.08×♀49.33同腹・顎太)の割り出しが残っていますので、こちらも楽しみです!!

スポンサーサイト

皆さん、こんにちは!

ゴルフ遠征の疲れがなかなか抜けないJACOBです・・・

以前なら3.5ラウンドぐらいなんて事無かったのですが・・・

年を感じますね・・・

さて、本日はスマトラ・アチェ 管理名 S-JACOB αラインの割り出しを行いました!

9/24に産卵セット入りしていたS-JACOBですが、♂100.08×♀52.08の我が家の最大個体同士の組み合わせで、我が家では期待値MAXです!このラインをαラインと名付けて管理していきます!

早速割り出し開始です。。。

s-JACOB

s-JACOB2

今回も菌糸をプラケースの底に敷き詰めて有りましたが、今回に限り、酷く劣化して真っ黒に土化しておりました。。。

割り出し結果は・・・・


s-JACOB3
こんな感じです。。。

s-JACOB4
幼虫13頭。

s-JACOB5
卵8個。

我が家ではこの時期でも常温で産卵させておりますが、さすがにこの時期は朝晩が少し寒いので、メスを取り出してから1ヶ月経っても卵がなかなか孵りませんね。。。

取り出した幼虫は早速菌糸瓶へ投入しました!菌種は昨日同様の理由で用意したのはカンタケ(添加剤入り)です!

このαラインはもう1セット組んであり、このセットから取れた幼虫は数頭は里子へ出す事にしています。

また、♂100.08×♀49.33の別ライン(βライン)もセット中ですので楽しみです。。。

皆様、またまたお久しぶりです。。。

我が家期待のS-ヤコブ アチェ産ですが、9/23に交尾確認、9/24に産卵セットへ入れてありました。

血統構成は♂100.08mm×♀52.08mmと言うことでしたが、いかんせん、♂が羽化後3ヶ月の
スピードペアリングと言う強行策でした。。。

10/22にメスを取り出してあります。。。

早速ケースを確認します!

全体1

ラベル2

古い菌床をいつものごとくケースの底に固詰めしてありましたが、菌床の状態が悪かったのか黒土化してしまいました。。。。。

仕方がないのでそのまま様子を見ておりました。。。

底3
こちらが底の部分です。

白い菌糸部分は全くありませんね・・・

幼虫5
しかし、UPで見てみると、卵と幼虫が確認できました!!

幼虫6

分かりづらい写真ですが、小さな幼虫が2匹ほど確認できましたのでホッとしました!

結論として、羽化後3ヶ月であっても親虫のコンディション次第ではペアリングを行う事ができ、受精させる事が出来る状態である。と言うことですね!

これから育てていく行程に於いて、これらの幼虫たちが普通に育って行ってくれれば更に問題はありませんね!

皆さんこんにちは!

公私共に忙しく、なかなかブログUPが出来ないヤコブです。。。

皆さんのブログも読み逃げ状態が多く・・・・


そんな中、昨日の事なのですが、我が家期待のS-ヤコブ・アチェのペアリングを敢行いたしました!

♂100.8mmCBF2×♀52.08mm(同腹)CBF2

我が家の最大個体同士のペアリングになりますので期待感満載です!

♀は昨年の11/18に羽化しておりますので、成熟度は心配しておりませんが、♂は今年の6/19に羽化しており、
現在のこの♂の状況は羽化してから正味3ヶ月といったところです。

本来、スマトラは6ヶ月は成熟期間を設けペアリングを行うのが常説なのですが。。。。

当然この個体のペアリングも6ヶ月ほど成熟期間を取ってから・・・と思っていたのですが。。。。

後食が始まってからの食欲がもの凄く、非常に活発に動いておりましたので「もしかしたらいけるんじゃないか??」

とペアリングをさせてみました!


s-ヤコブアチェペアリング1

今現在、我が家では♂の顎縛りは行なわず、目視でのハンドペアリングを行っております!

顎を縛らないのは、♂に過度のストレスを掛けないようにし、やる気のある♂に速やかに交尾をさせるためです。

実際、我が家ではペアリング開始から終了まで約40~50分ほどです。


s-ヤコブアチェペアリング2

今回もすんなりと交尾してくれました!

30分ぐらい繋がってました。

s-ヤコブアチェペアリング3

s-ヤコブアチェペアリング4

問題はこの♂の「成熟期間」だけですね・・・

我が家の期待のエースのペアリングとなりますので、早く次世代が見てみたい!と言う思いも強くペアリングさせてしまったことも否めませんが・・・・・

この♂に繁殖能力が備わっている事を祈りつつ、メスを産卵セットに後日投入します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。