皆さん、こんにちは!

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ春の足音が聞こえて来るような、来ないような?そんな中途半端な気温の状態の八丈島です!
そろそろ我が家の「オオ」達を起こそうかどうか悩んでいます!
この島でも、「オオクワガタ」が冬眠するという事が分かり、それだけでも私にとっては収穫でした。
現在のオオ達は冬眠中の種親達と、来月3本目に交換予定の幼虫達がおります。
オオの飼育スペースでは、ヤコブBOXの酸素注入の音だけが、ゴォ~ン、ゴォ~ンと小さな音では有りますが、鳴り響いております!(汗)・・・
このヤコブBOXは改めてみると、何かの生産工場みたいで不思議な光景に映りますね(汗)
この、オオ達が私のブログに再登場するのはもう少し先となりそうです!


今回は私の中では新産地となる幼虫を導入することのご報告です!
モノが来てから記事をUPしようと思っていたのですが・・・(手元に来るのは4月頃なので・・・(汗))
それほどネタも無く・・・くだらない内容でスミマセン(汗・汗・汗)

前回、スマトラ・アチェ産の個体の購入でお世話になった、「TOP SEIECT」さんが、あの有名な自力採集家の
「T-OOO」氏の持つ、スマトラ・アチェ州プロナス産の種親101mm(F3)を導入されたとの事です・・・。

その導入記念として、この101mm×51mm(同腹)の幼虫を数量限定で予約を受け付けるとの事で・・・。

プロナス産かシディカラン産はいつかは欲しい・・・と思っていた私は迷わずポチっと予約を入れてしまいました・・(大汗)。。。

このアチェ州・プロナス産は大型の個体が出やすいらしいのですが・・・(ほとんどが飼育技術だと思いますが・・・)
技術の無い私には「過ぎた血統」だとは思いますが、欲しい産地をコレクションするのも楽しみの一つです!

このプロナスは、確かに大型の血を内包していると思いますので、非常に楽しみな血統になってくれると思っています!

しかも、あの「T-OOO」氏の累代個体の直仔となれば、期待感もおのずと上がります!

4月が来るのが早くも楽しみでなりません!!
スポンサーサイト

皆さん!こんにちは!

今日の八丈島は、とても寒く、朝一番の室温は9℃しか有りませんでした!

現在の室温は11:00現在で、室内の暖房を付けていることもあり、15℃辺りまで上がってきています。
今日は皆さんのところは雪も降り、とても寒いのではないでしょうか??
風邪など引かぬよう、お気をつけくださいね!!(汗)。。。

先日、詰め詰めした菌糸ビンの状態ですが、そろそろ、一週間近くになりますので、ご紹介します!



バンブー菌床:ブナ生オガ
バンブー菌床:ブナ生オガ
バンブー菌床100%

(それぞれ、オリジナル添加剤入り)
上記の3種類の配合割合で詰めていました。





1/22に詰めた、配合割合2:1がこちらです!
20130128_094336.jpg

1/23に詰めた、配合割合4:1がこちらです!
20130128_094303.jpg

1/23に詰めたバンブー菌床100%がこちらです!
20130128_094227.jpg

そして、全部並べてみました!
20130128_094148.jpg
写真右から、4:1 2:1 バンブー100%です。

気温の低下のせいか、菌の廻り方は全体的に遅いのですが、菌は廻って来ています!
20130128_094135.jpg
写真ですと、イマイチ分かり辛いのですが、明らかに違ってきてるのはやはり菌床100%だけです。

2:1、4:1共、生オガをブレンドしたビンは緩やかな菌の廻り方ですね!

見た目からは、両方の菌の廻り方にそれほどの極端な違いはありません。

オリジナル添加剤で、菌糸の活性化は上がっていると思うのですが・・・・

生オガをブレンドすると、菌が完全に廻るまで、それなりの時間は掛かってくるという事でしょうか?

後は、今後アオカビなどの発生、劣化速度などを見ていきます!


幼虫投入後にどのような事態が起こるかは全くもって分かりませんが、今のところは順調でしょうかね?

腐朽力の強い菌糸と無殺菌生オガの相性がどう出るか?楽しみです!

強い菌糸が「アオカビ」の発生を押さえてくれれば、生オガ本来の栄養素が生きてくるような気がします。


わざわざ「危険な無殺菌生オガ」を使用する価値があるというものです!


私のイメージの中では理想なんですが・・・・どうなんでしょ???

なんか、いろんな菌糸を試してみたくなりますね!
レイシとか、サルノコシカケなんかどうなんでしょう?

皆さん、おはよう御座います!!

昨日、私の手元にBE-KUWA・46号が到着しました!
20130125_090428.jpg
島の本屋さんは2ヶ所あるのですが、その内の1軒の本屋さんにいつも頼むのですが、どうやらこの島でこの
BE-KUWAを注文するのは私だけ?のようです!この類の専門誌は島では通常売っていませんので、「注文」という事になります!私のために、たった一冊取り寄せて頂くのは少々気が引けます(汗)。。。
本屋さんいつも有難う御座います!

さて、本題に入ります!

昨年、カーケーさんより頂いたスマトラ・ベンクールのニョロが蛹化し、羽化していたのですが、最後のオスとメスがやっと固まったのでご紹介します!!

最終ビン投入時、13gのメスです。羽化日:25年1月12日
20130125_090317.jpg
完品羽化できました!サイズですが、50mm有りました!
羽化したメス3頭の内、この個体が最大でした!他の個体は・・・46mmと48mmで、いずれも完品羽化です!
20130125_090301.jpg
デジタルノギスではないので、少々正確性に欠けますが・・・(汗)

そして、24年12月31日に羽化していたオスの個体です!
20130125_090409.jpg
こちらも、完品羽化!サイズは最終ビン投入時、30gでしたので、サイズは伸びませんでした(涙)。。。

20130125_090355.jpg
ギリで80mmに届きません(涙)。。。
79.8~9mmと言った所でしょうか??
カーケーさん!デカく育てられなくてすみません!!

この個体は、ベンクールと言うこともあり、顎自体はアチェほど太くないように感じます!個体が80mmなので判断するが難しいのですが・・・(汗) しかし、ベンクールで有りながら内歯下がりのいい個体に羽化してくれましたので、これから ベンクールの極太個体 が出せれば面白いのですが・・・
メスはなかなか良いサイズで羽化して来てるので、今期のペアリングが楽しみです!!

皆さん、おはようございます!

前日に引き続き、昨晩も菌糸ビンの詰め詰めを行いました!

今回は菌床と生オガの配分量を変え、更に生オガを加水したものを一日寝かせ攪拌してみました!
前日に詰めたモノとの「違い」が実感できるのでしょうか?

今回の菌床と生オガの配分量は・・・菌床4に対し、生オガ1の割合にしてみました!昨日に菌床2:生オガ1を詰めたのですが、自分なりの感覚ですが、生オガが多すぎた感じがしました・・・(汗)
もしかしたら、昨日の分は上手く菌糸が廻らないかも知れません・・・(大汗)

もし、上手くいかなければ、それもまた勉強!と諦めます!



20130124_083119.jpg

20130124_083038.jpg

20130124_083056.jpg

我が家では、菌床を崩すのに、自家製の安価な物を使用しています!
市販の「ブロック崩し」なるものはありません・・・(汗)
BBQ用の金網を衣装ケースの幅に強引に曲げた物を使用しています!
これで十分な機能を果たしてくれてます。
         ↑↑↑↑↑
★かぶ☆さん
!我が家はこんな感じですよぉ~


20130124_082940.jpg
そして、仕上がった菌糸ビンです!生オガを加水し一日寝かせたのと、生オガの分量を減らしたお陰で割りとスムーズに詰め終わりました!
バンブー菌床4:ブナ生オガ1オリジナル添加剤入り
20130124_083005.jpg
バンブー菌床4:ブナ生オガ1オリジナル添加剤入り  1400ビン13本、800ビン7本




20130124_082951.jpg
こちらは、生オガを使用せず、バンブー菌床に添加剤を入れただけの物です!
バンブーの菌糸の廻り方を確認したくて詰めてみました!
使用してみて感じたのですが、このバンブー菌床は若干水分量が少ないように感じました。(私の感覚ですので・・・・(汗))
バンブー菌床100%オリジナル添加剤入り  800ビン12本



20130124_083021.jpg

以上が昨晩の詰め作業の内容です!
果たして上手くいくでしょうか?
それぞれ配分量の違うビンでどのような結果になるか?熟成までの時間がどれほどかかるか?非常に楽しみです!追って報告します!

安価なモノで何処まで高価な菌糸ビンに近付けるか???(笑)。。。
これも一つのテーマですね!


カビだらけになったりして・・・・・・(涙)

皆さん、おはよう御座います!

予定通り、昨晩に菌糸ビン詰め詰め第一弾を行いました!

非常に疲れました(汗)。。。

何故、疲れるのか?と申しますと、今回のやり方は・・・ヒラタケ菌床+ブナ生オガの組み合わせを独自の添加剤を配合して、攪拌しビンに詰める!と言う行程なのですが、ブナ生オガの水分量の配分に気を使ったのと、水分を含ませてすぐに使用したせいか菌床と馴染まずパラパラしている感じででした。
ビンに詰めプレスしてもフワフワした感覚が私の手に伝わってきました・・(汗)。。。

結果、800ビン33本+500コーヒービン1本詰めるのに3時間余りかかってしまいました・・・(疲)
菌糸に包まれ、しっとりと粘性がある菌床と生オガは大分モノが違いますね!当たり前ですが・・・・(大汗)

今回の菌床と生オガの配分は・・・・

菌床2に対し、生オガ1・・・ちょっと生オガが多かったかな・・・???

20130123_094423.jpg

20130123_094454.jpg
相変わらずのハンドプレスです!

私は力は強い方だと思うのですが、パウンドしても跳ね返される感じでした・・・(汗)

やはり、生オガは加水して寝かせて使用したほうが良いようです!

20130123_094536.jpg

20130123_094506.jpg

20130123_094520.jpg

とりあえず、気合でなんとか詰め終わりました!

はたして上手く菌が廻ってくれるのでしょうか???

ドキドキしながら観察していきます!

今夜も第二弾の詰め詰めが待っています!

既に、詰める分の生オガは加水して寝かせて有りますので、結果はいかに?

本日の生オガの配分は・・・菌床4に対し、生オガ1で行きます!!

皆さん、こんにちは!この所、飼育数が少ないせいか、ブログの更新も間々ならないヤコブです!

本日は、注文していた菌床が到着しましたのでやっとブログが更新できます!(汗)

昨年、ホー助さんのブログで紹介されていた「バンブー・イン・セクト」さんが気になり、我が家でも導入するか検討していました!

今まで使用してきた菌床も悪くは無いと思いますが、初めから高添加されていて、言わば「仕上がっている」状態です。
その仕上がっている菌床に新たに添加剤を配合するのは非常に難しいです!(正直、何が入っているか分からないので・・・汗)。。。これまでの「ヤコブスペシャル」はそんな理由から添加剤の使用は極少量でした。菌糸ビンの仕上がりに不満はそれほど無いのですが、何かが違う!!常に心に引っかかるモノがありました。

私は添加剤も自分でチョイスし、配合したいので、ほとんど何も入っていない物を捜していました!
配分量が計算でき、しかも値段も安い物!(これ大事です!)
そんな事から「バンブー菌床」を注目していました!!


届いたモノがこちらです!
バンブー菌床と、KBファーム製「生オガ」
20130122_101121.jpg

20130122_101108.jpg
バンブー・イン・セクト製3.5ℓヒラタケ菌床ブロック!

内容は・・・
ブナ7割:クヌギ3割微粒
水分率55%
添加物植物性タンパク質約6%おそらくフスマ??

3.5ℓに対して6%ということは?210CC?
210CCをグラムに直すと?0.5掛けて・・・105g??
間違ってたらごめんなさい!!!!(大汗)。。。
CCにしろgにしろ計算できますね!

価格の安さから言って、混入物はそんなものでしょう。菌を廻す為の最小限!
材の種類と配合割合などは正直、メーカーを信じるしかないかな・・・・?

このバンブーさんのコメントに、「高価な菌糸と比べるとサイズは劣るのではないかと思います」とありました!率直に「正直だな!」と思いました!

逆に信用できるのではないか???この最後のコメントが購入の最後の判断となりました!

800CCの菌糸ビンも試しに購入してみました!詰め方はかなり「緩い」感じでした。
匂いはキノコのいい香りがしましたよ!(笑)。。。

今回は、この菌床に「生オガ」をブレンドして菌糸ビンを作ってみます!
上記の写真にも写っているKBファームさんの「生オガ、ブナ微粒子100%、10ℓ」
これは、ひでのぱぱさんがブログ上で行なっていたやり方にヒントを頂きました!

よくこのやり方を考えてみると非常に理にかなった方法です!
まず、高価な菌床に安価な「生オガ」を入れることでカサマシでき、経済的!

ここからが更に凄いところで!!!

菌床の製造過程での高温殺菌(110℃ぐらい)は通常クワガタが食すであろう木材の栄養素や有益なバクテリアまで変化、或は殺してしまうのでは無いでしょうか?
高温殺菌していない「生オガ」を混入することで、それらの失われた「栄養素」を改めて取り戻すことができるのではないでしょうかね???
勿論、高温殺菌されていなければ、カビなどの弊害も出て来るリスクは有りますが・・・(大汗)

椎茸のホダ木などを使用した栄養素の抜けきったスカスカの菌糸ビンとは違い、本来の木材の栄養を与えながら、添加剤の恩恵を受けられれば、理想に近いたものになりそうなんですが・・・・・・・・・

シイタケ栽培は皆さんご存知の通り、原木栽培では木に椎茸菌を植えつけてから収穫出来るようになるまで、1~2年近く掛かります。それから椎茸を生長させて収穫しますその間、ホダ木は風雨に曝され、椎茸菌に栄養素を吸い尽くされ・・・その生涯を閉じます!スカスカになってしまいます!
明らかに椎茸栽培とクワガタ飼育とでは目的が違います!その材の使用方法も違ってくるのではないでしょうかね??

ここら辺の話はあくまで私個人の見解ですのでお許しを・・・・(汗)



20130122_101052.jpg
KBファーム製「生オガ、ブナ微粒子10ℓ」見た目は結構細かそうです!(まだ封をきっていませんが・・・)
乾燥している感じなので加水が必要かもしれません。

クヌギ100%も考えましたが今回は「生オガ」投入と言うことで、分解の早いブナにしてみました!
本日の夜から菌糸ビン作成に入ります!

おそらく「生オガ」入れたことで、熟成するのに時間がかかり、使用できるようになるまで1ヶ月近く掛かるかもしれません・・(汗)。


詰める予定のビンに「銀イオンスプレー」を噴霧いました!
これを使い始めてから我が家の菌糸ビンでアオカビの発生率は今の所、ゼロです!
効いてるのかな??
20130122_101022.jpg

20130122_101040.jpg


今夜、店を閉めてから詰め詰め致します!どうなりますかねぇ?

皆さん、こんにちは!

昨日、注文してあった、ゼリーとマットが届きました!(今回は特に写真はありません。)

発注先は、KBファームさんで、「プロゼリー」400個とスマトラに使用する「フェロールマット」10L一袋を購入しました!
この「フェロールマット」なる商品、超微粒子マットをベースに、乳酸菌や酵母などの微生物を加えて発酵させたもので、クヌギ100%だそうです。10Lで、税込み1680円と決して安くはありませんが・・・
効果の程は??(前回のセットでは、他社製品でしたが、マットからの採卵はゼロでした!(汗))

早速、スマトラの産卵セットを組んでみる事に・・・・

事前に用意していた産卵材(レイシ材を加水し、陰干ししたものと、常温で一月近く放置していたカワラ材)を今回も使用します!
どちらもオオクワのセットに使用した材よりかなり柔らかいです!
材に関しては、前回のセット内容と全く同じですが、特にレイシ材の齧り方がすさまじく、採卵もレイシ材からでしたので今回も期待しています!


フェロールマットをいざ開封!!



むおぉ~~~!

匂いが結構きついです!!!
乳酸菌や酵母の影響でしょうか??
マットの「キメ」は確かに超微粒子ですね!中に不純物は一切混入していません!
このままでも充分使用できそうなのですが、スマトラの産卵セットなので、水分を若干多めにします!

産卵ケースにマットを3~5cmほど固詰めして、レイシ材とカワラ材を寝かせてセットして隙間が出ないようにマットを詰めて、材の表面が少し出る程度に埋め込みました!

プロゼリーを数個入れ、転倒防止の木の皮を数枚入れてメスを投入!!

一月後、メスを取り出して、更に一月後割り出します!さて吉と出るか?凶と出るか??

上手くいくようでしたら、スマトラのセット方法は、これである程度固定していきます!


さて、次の問題ですが、孵化後(割り出し後)の飼育方法ですが、スマトラオーナーの方々はどうされていますか???
すぐに菌糸ビン投入が私は望ましいと思うのですが、その際のビンのサイズが問題のような気がします・・・
800ビンに投入した方が良いか?それとも、初めから1400ビンで行ったほうが良いのか??悩みます・・・

また、デカく育てる為に、添加剤の菌糸への混入は初令時の投入より行ったほうが良いのでしょうか??

色々と飼育に関しての悩みは絶えません。試行錯誤の連続です!それがまたいいですね!

新年、久々のブログUPです!

皆さん、お元気ですか?

この所、これといったネタも無く、ブログも放置気味でした(汗)。。。

昨年の12/8に産卵セットを組んであった、スマトラオオヒラタの産卵セットが気になり、開けてみました!

実は、ペアリング自体が本当に上手く行っているのか?交尾自体をこの目で確認したわけでは無く、言わば見切り

発進でしたので不安が付きまといます!

ケースの側面にはどの角度から見ても、卵らしきものは有りません(汗)。

意を決してひっくり返してみる事に・・・・



マットにはやはり、卵らしきものは見当たりません(大汗)・・・・・

レイシ材の方には、穿孔が見られるものの、果たして産んでいるのか???

一応、再度ペアリングを試みていますが、一度も交尾を確認できていません・・・・


ダメかぁ~~~

落胆しながら材を割って行くと・・・・

なにやら黄色い物体が!!!



20130112_145323.jpg
ありました!!!念願の「スーパーヤコブ」の卵です!!!!!

スプーンでそっとプリンカップに移しました!

アップしてみます!

20130112_145336.jpg
有精卵でしょうか???

子の他に、レイシ材にはまだ卵が確認できたのでそのまま採卵せずに埋め戻しておきました!

再ペアリングしている雄と雌を慌てて引き離し、別々の飼育ボトルへ入れ替えした!

事故が起こる前に・・・・・(大汗)



採卵したのは上の写真の1個のみです。

時期が来たら、割り出します!楽しみは取っておきます!

しかし、マットには何故産んでいなかったのでしょう??

新しいマットでしたが、中に昆虫の死骸(外骨格?殻?)が入ってい増した(汗)・・・・

こうゆうものですかね???発酵マットって!!!あるメーカーさんの商品でした。

マットに産まないのは何か関係があるのでしょうか???

2回目の産卵には別のメーカーさんのマットを使用します。



改めて種親を紹介しておきます!
20130112_150817.jpg

20130112_150757.jpg

これが、我が家期待の大型血統「スーパーヤコブ」の種親、96mmです!

この子孫達の発展を期待してしまいます!・・・・親馬鹿ですね(大汗)。。。

皆様、こんにちは!

遅くなりましたが、新年、あけましておめでとう御座います!

PCを仕事場においてあるのでご挨拶が遅れ、申し訳有りません(汗)・・・

新年も明けて、早、5日目となりましたね、私は本日より仕事始めです!

昨年の31日の大晦日まで、みっちり仕事でしたので、この正月休みは良い休暇となりました。

今年も、仕事・クワブリード共にバリバリ行きたいですね!

本年も何卒、宜しくお願い致します!

私にとって、昨年のブリードの経験はいい勉強になりました!

それも、皆様の温かいご指導のお陰でした!有難う御座いました!

その経験を活かして、今年は更に頑張ります!



本年が皆様にとって、素晴らしい年となりますことをお祈りいたします!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。