今日は、前回羽化してきたスマトラアチェ・Sヤコブの計測をしました!

まずは一頭目!




spヤコブサイズ1

・H25年2月25日割り出し

・最終幼虫計測53.3g

・羽化日H26年6月3日

・97.53mm

計り方によっては、98mm有るのですが・・・残念!!




気を取り直して2頭目!

前・前回のUPした記事で、羽化の連続写真を撮った個体です。

・H25年5月6日割り出し

・最終幼虫計測52.5g

・羽化日H26年6月19日

こちらです!!



まだちょっと赤く、尻も引っ込み切らないのですが、我慢できずに軽く計測!!


spヤコブサイズ2
くうぅぅ~~~~!ちょっと足りない!!

この個体は大台いけると思ってたんだけどなぁ~~残念!!

計り方によってはギリギリ100mmぐらいですが、縮むでしょうから・・・多分、いや!絶対!!


しかし、最終幼虫体重・・・我が家では余り当てには出来ませんね・・・


まだ蛹が居りますが、期待を持てるほどの個体はいません・・・多分・・・

羽化してみなければ分かりませんがね・・・・

種親として来期に期待です!!

スポンサーサイト

かれこれ2012年の10月にMINAMIさんのプレ企画に当選させて頂いた、ミミちゃんのムニスゼッチフタマタ!

その年の12/22に10頭割り出ししました。

一ヵ月後の翌年1/22に菌糸ビンへ投入!!

その内3頭の♀が羽化してきましたが、♂と思しき個体は一向に蛹化の気配なし・・・

羽化してきたその3頭の♀達も、♂の羽化を待ちわびながら飼育されておりましたが・・・・

♂と対面することなく☆となりました・・・・・

極度の羽化ズレです。。。



そんなこんなで2014年!

そして、18ヶ月たった現在・・・・

めでたく蛹化!!!



ムニス蛹化1
うれしくて、姿が見たくて・・・・

掘ってしまいました

ムニス蛹化2
どうでしょうか???目安としては、頭の先端から顎の先端まで3.5mmぐらいです。。。


この種の飼育は初めてなので、大きいのか?小さいのか?どう言うものなのかよく分からないのですが、何だかかっこ良いと思いませんか??



ムニス蛹化3
別アングルから!

また、数ヶ月たっても大きくならなかった幼虫(♂の発育不良だと思っていた固体)がなんと♀として蛹化しており、思わぬところから諦めていた♀の獲得もできました!

このメスは初めから2年1化の成長曲線を描いていたんでしょうか?

♂♀共に無事に羽化してくれれば、何とか次世代に繋げそうです!!

ホント、ここまで来るの永かったぁ~~ホッと一息でした。。。

今日の朝、仕事場にあるクワルームをのぞいてみると・・・

sヤコブ羽化1

前回ご紹介したスマトラ・アチェ、Sヤコブの蛹が羽化直前!!!

しばらく時間も忘れて観察していると・・・徐々に!!!


sヤコブ羽化2

sヤコブ羽化3

sヤコブ羽化4

sヤコブ羽化5

sヤコブ羽化6

sヤコブ羽化7

sヤコブ羽化8

sヤコブ羽化9

連続で神秘の瞬間をご覧いただきましたが、朝8:00頃から羽化が始まり、最後の写真が15:30・・・

頭が持ち上がるまでに要した時間は約、7時間半・・・

かなり時間が掛かるものですね!

私は相当の暇人ですね!(笑)

しかし、中々タイミングが合わず、羽化の瞬間に立ち会うことは難しいので、ラッキーでした!

羽化不全も無く、完品羽化しましたね!

今回、羽化して来ている個体群は、菌糸の添加剤の配合は少なめでの飼育でしたので、ディンプルも無く、とても綺麗な個体に仕上がっています!

サイズに関しても、血統の力を借りながらまずまずの成果を挙げることが出来ました。

この分ですと、次世代の菌糸への添加剤の配合をまだ強く出来そうです!

ボディサイズに比べて顎幅が細いので、添加剤の種類の配合内容を見直すことも必要になりますね!

顎幅は遺伝情報が強いと思われますが、試してみる価値は有りそうですね!

あとは、幼虫の温度管理方法も見直しが必要のようです。

今季の飼育で分かった事の一つに、私の所では冬場のオオヒラタの幼虫管理にヒーターなどの暖房が必要なく飼育出来る事、その分幼虫期間の延長が見込める事です!今回の私の所のオオヒラタの割出から羽化まで1年以上の時間が掛かりました。(♂の早期羽化も数頭いましたが)

♀はほとんどが10か月以内の羽化でしたが・・・♀のこれは仕方がないのかな??


大型を羽化させるためには、ペアリングの時期も大きく関係しているような気もしています!

折角オオヒラタの飼育環境が中々良いこの島ですので、この島の四季をもっと有効に使ってみます!!



皆さん、こんにちは!

本日は、以前羽化していたハチジョウヒラタとスマトラオオヒラタ・Sヤコブの計測を行いました!!

まずはハチジョウヒラタA型♂から!

幼虫時の最終計測が11.9gの個体です。




ハチジョウヒラタ1
しっかりと固まったようですね!


いざ!実寸!!!

ハチジョウヒラタ2
動き回るのでとても計り辛いですねぇ~~

サイズは58.35㎜ほどあります!WDからのF1としてはなかなかのようですね!

このサイズを野外で見つけたらおったまげるでしょうな!!


そして♀ですが・・・



ハチジョウヒラタ3メス
36.64㎜あります!

親♀サイズが28.0㎜でしたので、大満足ですね!

ハチジョウヒラタは、♂♀共にすべて羽化しており、今回UPした固体が最大でした。

♀はほとんどが、35㎜UPで、♂は56㎜以上で羽化しました。

WDの採取のアベレージが♂で35~47㎜ほど、♀で25~28㎜でしたので、菌糸ビンによる豊富な栄養下での飼育で容易にサイズUPが図れるようですね!

使用菌糸はヒマラヤ平茸でした。

今回羽化してきた子供達で次世代には更なるサイズUPが出来そうです!



そして、期待のスマトラオオヒラタ。アチェ産S・ヤコブがこちら!!




spヤコブ1
こちらも固まったようなので計測してみます。

幼虫時の最終計測が58.7gでした。


spヤコブ2
写真が下手ですみません・・・・

サイズは97.29㎜・・・・思いのほか伸びませんでしたねぇ~

まあ、親は超えてきたので良しとします!!

spヤコブ3
前胸・・・35.01㎜。。。。

S・ヤコブどうなんでしょうか??



それからこの個体ですが・・・・




spヤコブ4
もうすぐ羽化しそうなんですが・・・・幼虫時最終計測が52.5gでしたが・・・・

他の蛹に比べて頭と体がデカいんです!

どのくらいの大きさで羽化して来るのか???

もし、今回画像UPした58.7gだった個体より大きく羽化して来たとすると、幼虫時の体重って何???

と疑問に思ってしまいますよね?

実は、幼虫時60g有った個体も今蛹なのですが、その蛹よりも52.5gのこの蛹の方がデカいんです!

この60gあった個体は暴れてしまったので仕方がないのかも知れませんが・・・・

その他のS・ヤコブの羽化個体でも、幼虫時53.3gだった個体がまだ完全に固まっていない為、外充て計測してみると・・・

97~98㎜有るようなんです!はっきり言ってよく分からなくなってきました。。。

皆さんもこのような幼虫時の体重と羽化後のサイズのアンバランスのご経験がありますか???

是非とも教えてください!!お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。