皆さん、こんにちは!

全国的に梅雨も明け、本格的に暑い日々がやってきますね!

皆様お体にはお気をつけ下さいね!!

昨日の日曜日は私の住んでいる地域のお盆前の「草刈清掃」に参加しておりました。。。

猛暑の中、草刈機で午前中一杯汗を流しました。

午後からは子供達と海へ!!!

充実した一日でした!


虫ネタは?というと・・・・

一昨日の事なのですが、T-TOP氏 101㎜プロナス F5の割り出しを行っていました。。。

本来、詰めた菌糸ビンの熟成を待って行う予定でしたが、産卵セットの底に詰めた菌糸を幼虫たちが食っていきあわや鉢合わせの状態になりそうでしたので割り出しを敢行しました。

とりあえずこんな感じでした。。。

T-TOPプロナス割り出し1

T-TOPプロナス割り出し2

T-TOPプロナス割り出し3#1
かなり食ってきましたね!

T-TOPプロナス割り出し3#2
ここです!幼虫が3方向から・・・・鉢合わせの危険があります!!!

これを見ちゃうとプリンカップの管理でもいいので割り出しておいたほうが無難かと・・・

T-TOPプロナス割り出し4
早速蓋を開け、割り出しました。。。

T-TOPプロナス割り出し5
写真左下には得体の知れないモノが・・・・

キノコ??それともカビか???



途中割愛!!

T-TOPプロナス割り出し6
割り出し結果です。

11頭でした!(一昨日の時点ですが・・・)

T-TOPプロナス割り出し7
孵化後より菌糸を食って育ち、プリップリです!

T-TOPプロナス割り出し8
菌糸ビンの熟成度合いが良好なので、本日プリンカップから菌糸ビンへ移しました所、11頭居たはずの幼虫が1頭行方不明となってしまい、10頭ということになってしまいました何処行っちゃったのだろう?????

元々頭数制限のつもりで産卵時間の短縮を行っていたので、ちょっと少なくは感じますが、良しとします!!

このF5の幼虫達の父親は90.7mmと小さいですが、祖父は101mmと大型なので隔世遺伝してくれるといいのですが・・・

期待を込めてしっかりと管理していきます!!
スポンサーサイト

皆さん、こんにちは!

暑い日が続いておりますがお体はいかがでしょうか??

昨日は、我が島もかなりの気温上昇で参りました。。。。

本日は、6/3よりセットを組んでいた「ハチジョウノコギリ」の割り出しを行いました!

WD♂4.9mm×WD♀3.0mmのペアです。

4.9mmの♂を私の息子が路上でゲットして来た個体ですが、その後、WD♀をゲットしてペアリングしておりました。

ハチノコ親
以前UPした写真です。
右が今回ペアリングさせたWD♂4.9mm。
左がよく取れるアベレージサイズです。


ハチノコ4.9ミリ交尾
WD♀を♂の飼育ビンに投入後すぐに交尾を始めました。

WDの♀なので、すでに自然界で交尾済かもしれませんが、WDの♂4.9mmというサイズはなかなかお目にかかれませんので一応交尾させます!

ビンの表面に水滴がついていて見づらい写真ですが、しっかりと交尾してますね!

6/3に産卵セット入りさせ、6/19に♀を隔離。。。。



そして本日、割り出しを行いました!

ケースの底面に1頭幼虫を確認できていたので期待感満載です!

ハチノコ1


ハチノコ2
蓋を開けるとこんな感じです。マットのみで産卵材は使用しておりません。。。

ハチノコ3
タライにひっくり返します!

ハチノコ4
おっ!!早速居りましたねぇ~~

2令でしょうか??

どんどん捜してみます!!

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・

・・

・????????


あれ????


あれれっ???????


ハチノコ5
2頭????

そうです・・・2頭しかいませんでした・・・・・

寂しい結果となってしまいましたねぇ~

ハチノコ6

ハチノコ7
2頭しか居りませんでしたが、色艶もよく元気な幼虫です!



このペアリングに使用した♂は貴重な採集個体でしたので、当方でペアリング後、虫友さんにお送りしてますので当方にはもういません。

もう一度、同じ♀を産卵セットに投入して様子を見ます。。。

ハチノコ8

皆さん、こんにちは!


去る事、6/26にセットしたTS・ヤコブ(T-TOP氏プロナス♂90.7mm×S・ヤコブ♀49.3mm)

のケースを目視で確認してみましたところ、ケースのどの面を見ても幼虫はおろか卵すら確認できません・・・・・

こちらのペアも我が家の期待値の高い組み合わせなのですが・・・


前回のラベルです。

TSヤコブ前回セットラベル2


なんか・・・嫌な予感・・・・


開けるには早すぎますが、思い切って開けて見たたところ・・・・


やはり卵すらありませんでした・・・・

ハンドペアリングで交尾は確認していたのですが・・・・

今思えば交尾時間が短かったような気もしてます・・・・

産卵木は割っていないので、一応そのまま埋め戻してしばらく放置してみます。

♂♀の相性が悪かったのかな??

仕方がないので、♀を変えて再度ペアリングします!!

今回チョイスした♀は・・・・

TSヤコブ今回チョイス♀50.3ミリ

S・ヤコブ50.3mm昨年の11/6に羽化した固体です!

我が家のS・ヤコブの♀では3番目に大きい固体です!!

早速♂・♀のご対面といきますか!


TSヤコブペアリング1
ペアリング用ケースに入れて20分もしないうちにヒラダンスを始めました!

ケースのサイズは小。

ケースの側面が傷だらけなので見辛いのは勘弁して下さい。。。

そして・・・・・


TSヤコブペアリング2
うまい!!(笑)


TSヤコブペアリング3
ドッキング成功後、すぐさま体を入れ替えましたね!


TSヤコブペアリング4


TSヤコブペアリング5
しっかりと繋がっておりますね!

羽化後の成熟がキモでしょうか?

しっかりと成熟した♂と♀を使い、飼育者が付きっきりのハンドペアリングなら、顎を縛らなくとも安心して見ていられます!

今回は時間にして30分ほど交尾しておりましたので、しっかりと精子を送り込めたはずです。



産卵セットも急遽作ったので、ケースの底に敷き詰めた菌糸が白くなったら♀を投入します!

皆さん、こんにちは!

本日は、再度注文していたH・ヘラクレスの幼虫が到着しました!

ヘラクレス到着1
プリンカップに4頭。

種親は、ヘラクレス・ヘラクレス グアドループ産のCBF1 165mmです。
今回の購入幼虫はCBF2の2令と言うことになります。

前回購入した、163.5mmの幼虫が3令ですので、羽化ズレを見越した補強のつもりで購入しましたが羽化ズレ対策になるかどうか??

時期が上手く合わなくとも、これはこれで大型血統なので面白いかな??


さて、この気温上昇の中の輸送で無事に生存しているか?

2頭は目視で確認できましたが、残り2頭はプリンカップのマットへ潜っております。

あらかじめオリジナルでブレンドした発酵マットを3200ビンに詰めて用意してあります!
(ベースのマットは2種類の市販品です。少し水分量を変えて添加剤を混入してあります。)



用意した3200ビン2

マットの発酵熱はほとんど出ませんでしたが、念のため5日ほど寝かせてありました。

いざ!1頭目・・・・

投入13.9
最初に秤に乗せた時、糞をして体重減・・・

13.9gで落ち着きました。



2頭目!

投入9.4
9.4g




3頭目!

投入8.6
こちらは8.6gです。



4頭目!

投入10.8
最後の幼虫は10.8gでした!

どの幼虫も2令なので私には♂・♀の判別はつきません・・・

すべての幼虫が暑い気温の中の輸送にも耐えて色艶も良く、元気に到着したので一安心です。

このH・ヘラクレスがスマトラオオヒラタのように、この島の気候に何処まで適応してくれるのか?または適応できないのか??この先の飼育が楽しみです!!

皆さんこんにちは!

いよいよ本格的な夏の到来ですね!!

熱中症などにはお気をつけくださいね!!

さて、本日待ちに待った菌糸ブロックが恵栽園さんより届きました!

菌糸1
菌種は、「ヒマラヤヒラタケ」ノーマル12ブロックです。

我が家では昨年より使用してますが、オオヒラタに実績があります。

今年度もこの菌種でいきます!

早速ビン詰め作業に入ります。



写真を撮る時間が無かったので途中割愛します・・・・



そして完成!!


菌糸2
12ブロックが

1500ccを・・・・・16本と3分の2本

800ccを・・・・・・24本

と言う結果です!

一気に詰めましたので、汗だくになってしまいました

勿論、初令のこの時期に必要であろう栄養補助剤(添加剤)は昨年同様に混入済です!

菌糸3
気温がかなり上がってきたので、上手く菌が廻るか心配ですが・・・・

菌が廻るのを待ってオオヒラタとオオクワの割り出しをして、幼虫を投入します!!

取れ過ぎはちょっと困りますが・・・・・・

皆さんこんにちは!久しぶりのブログUPです!

7月に入り何かと忙しくしておりましたが、我が家の期待の産卵セットを覗いて見ました。

期待の産卵セットがこちらです!



T-TOPプロナス1

このセットは、昨年良い結果が出ていたやり方です。

内容は・・・・

飼育の最終段階で使用した菌糸ビンの残り(廃棄前の菌糸)を産卵ボックスの底に2~3cm程固く詰め、加水した微粒子の発酵マットでカワラ材を埋め込む!と言うものです。

その中に交尾済の♀を投入しておりました!



投入期間と産卵後の♀の取り出しはこの通りです。

T-TOPプロナス血統構成2
5/26にハンドペアリングし、交尾を確認。

翌日の5/27にこの産卵セットへ♀を投入。

22日後の6/19に♀を取り出し。

7/4に幼虫を確認。

そして現在がこちら!



T-TOPプロナス3

T-TOPプロナス4
もうちょっと見やすくしてみると・・・・

結構育ってますね

T-TOPプロナス5
幼虫の姿を確認できるのが廃菌床を敷き詰めた底の部分に集中しています。

側面のマットの部分には幼虫の姿は確認できていません・・・

現在、注文している菌床ブロックの到着待ちで、ビン詰めをしていないので、菌糸ビン投入と割り出しは少し先となります。

約20日間の産卵で何頭取れるのか??他のラインの飼育を考えての「あえて」のセット投入時間の短縮だったのですが・・・どういう結果になるか?

しかし、この段階の幼虫から菌糸馴れ出来ているので、ビンに移す時は心配なさそうです。

私自身が7月前半忙しく、菌床ブロックの発注が少し遅れたので考えていた当初の初令を1本目へ投入するプランと少しの時間的ズレが生じてしまいましたが、何とかなるでしょう・・・

因みに山梨須玉産オオのセットも同様のやり方ですが、やはり菌糸を詰めた底の部分に幼虫が多数確認出来ております!こちらも取れる幼虫の頭数制限したつもりなのですが・・・

早く菌床ブロック来ないかなぁ

皆さんこんばんは!

沖縄方面で猛威を振るった台風8号・・・・・

進路を変え、日本の太平洋側を縦断する形で私の住む八丈島へ接近してきます

勢力はかなり衰えてきているのでそれほど心配はないようですが・・・・・

一応、風対策だけは万全にしておきます!




さて、本題!!




本日はムニスゼッチフタマタの羽化をご紹介します!



ムニス2管理
もしや??と思い本日掘りました。

あまり体重が乗っていない幼虫だったため、露天掘りをしていませんでした。

いつ羽化したのか?定かでないため、ラベルには7/初旬としました。。。。

掘り出した個体がこちら!



ムニス1

細身の個体ですが、ムニスの♂の羽化は初めてなので感動の対面です!!

卵のふ化から約19か月の月日をかけての対面となりました!!

やっと会えたな!ムニス君!!

カッチョイイ・・・・

ムニス3

まだまだ赤いので、極めて最近羽化したものと思います。

ムニス3
アップで一枚!!綺麗な個体でしょ??



ムニス4
この菌糸瓶の中身はすべてムニスの♂の蛹です!

大きそうな個体を3頭だけ露天掘りしています。


ムニス5もうすぐ羽化
この個体はもうすぐ羽化しますね!先ほどの羽化個体より大きそうです。。。


20140710210006dcf.jpg
この個体が一番体重の乗りが良かった個体ですが、素直に大きく羽化してくれるかどうか???

このムニスたちですが・・・

全部で10頭居りましたが、昨年中に3頭の♀が早期羽化してしまい、その♀3頭全てがオスを待ちきれず☆となっていました・・・・

累代の危機でしたが残された個体群の中に1頭だけメスがおり、最近羽化していますのでギリギリセーフ!

といったところです。。。。

あとはすべて♂という状況です!この1頭のメスにこれから羽化する♂の中から最大サイズの♂をかけてみようと思います!!


皆さん、こんにちは!

今日の八丈島は朝から雨&霧・・・・

本格的な梅雨空となってしまいました。

この分だと、飛行機は全便欠航か

市場からの生花が届かず、仕事にならない・・・・

予約を受けているお客様に平謝りですねぇ・・・・

この島の気候はいつも不安定です。

気温・湿度はクワガタ飼育にはもって来いなのですが、いかんせん人間が住むには住み辛い・・・

暇と言うことも有り、前回羽化したスマトラアチェ・S-ヤコブの一番気になっている個体の再測定をします

前回測定時はまだ固まっておらず、やんわり測定し、99.79mmと判断しましたがさてさて・・・・



spヤコブ再計測1
あいも変わらず写真下手・・・・


そして、再測定





spヤコブ再計測2



だいぶ固まっておりますので、採寸は合っていると思うのですが・・・

縮むどころかまさかの100UP

素直にこの数字で通して良いものか

オオヒラタ1年目での100UPは出来過ぎぢゃないか

しかし、その個体を私の手に乗せた時の虫の躯体の力感からしてもう縮む事はなさそうなので
これで決定します

と言うことで、ラベルをこうしました。



spヤコブ再計測3


それから、今年度新に組んだ「産卵セット2つ」のご紹介です



産卵セット
上からご紹介します。

T-TOPプロナス血統構成
T-TOP氏プロナス101mm F3 からの累代です。

F4の購入幼虫は、最大で♂90.7mm F4 ・♀48.4mmで羽化しており、

このペアを親としました。早期羽化してしまい、思いのほかサイズは伸びませんでしたね・・・

しかし、貴重な個体群なので今回サイズUPを狙いペアリングしました。

交尾確認後、5/27にメスを産卵セットへ投入

6/19に個体数を抑えるためメスを出しました。

7/4にはBOXの底の菌糸部分に幼虫を目視で確認できました。

ひとまず次世代へ繋がりましたねぇ


そしてもう1つ写真の下の段の産卵セットです。

TSヤコブ血統構成

こちらの血統構成は・・・

ハーキュリーMからのOUTラインのS-ヤコブ♀49.3mmCBF2と

T-TOP氏プロナス♂90.7mmF4を掛け合わせた血統になっています。

我が家のNEWラインとして期待しています

NEW血統管理名をTSヤコブとし、管理します。

両方の系統共に大型血統ですので面白いと思ってます

皆さんこんにちは

以前から気になって仕方がなかった虫をとうとう購入してしまいました

子供の頃からの憧れだった虫・・・・

念願叶い、この歳で初めて手に入れることができました

コイツです



ヘラクレス♂1

なんだか分かりますか

そうです憧れのヘラクレス・ヘラクレスグアドループ産のCBF2の3令初期幼虫です

親サイズは・・・

♂163.5mm×♀70mmの子供です

この幼虫は現段階で23.4gありますが、何処まで育ってくれるか

飼育容器はこちらに決定



ヘラクレス♂の容器

そして、投入



ヘラクレス♂2

この容器に♂1頭の単独飼育です。

容器、デカ過ぎかな

マットはヘラ用に考えてあったプランを試します

ブレンドマットに添加剤を配合して寝かせてありました

さぁ、どう出るか


そして♀ですが・・・・



同腹個体の♀・・・

ヘラクレス♀1
体重、21.1gです。

そして投入する容器は・・・・



ヘラクレス♀の容器

♂の半分のサイズですが、QBOX-40と同サイズですちょっとデカいかな

こちらも単独飼育です

間違いなく羽化ズレしてくると思いますが、繁殖はその時に考えマス

とりあえず、飼育を楽しみたいですね


ヘラクレス♂♀の容器の比較
♂・♀の容器の違いです。

デカイの出したいですねぇ~~ワクワクしますねぇ~~

楽しみです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。