上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

皆さん、こんにちは

昨夜、我が家のオオクワの菌糸ビンを交換いたしました

時間にして、4.5時間掛けて、通常飼育高濃度酸素飼育のヤコブBOXのすべてを交換いたしました・・・



早速、結果ですが・・・・・・・




通常飼育とヤコブBOXのそれぞれの最大ニョロだけアップしますね







まずは、通常常温飼育のニョロです

20130214_094106.jpg
1本目21.6g  2本目24.9g 3.3gのUPでした。こんなもんですかね・・・

その他の通常飼育のは・・・・数字だけですがこちらです



通常飼育

1本目  ~   2本目
        
22.4g   ~   24.2g  +1.8g
21.3g   ~   23.8g  +2.5g
21.7g   ~   24.8g  +3.1g
19.5g   ~   23.0g  +3.5g
17.5g   ~   20.0g  +2.5g
18.3g   ~   22.0g  +3.7g
19.8g   ~   19.8g  ± 0g

皆さんの物凄いのを拝見させて頂いておりますので、記事にするのも恥ずかしいのですが・・・





そして・・・高濃度酸素飼育「ヤコブBOX」の結果です
20130214_094328.jpg


こちらも、最大のものだけの写真をアップいたします




こちらです・・・





20130214_094304.jpg
1本目23.4g2本目25.2g 1.8gのアップです・・・

思っていたよりも伸びていませんでした・・・・



ここまで来たので、ヤコブBOXでのの飼育結果の数字がこちらです




高濃度酸素飼育ヤコブBOX


1本目  ~   2本目
         
19.9g  ~   22.0g  +2.1g
19.5g  ~   18.8g  -0.7g
21.3g  ~   23.8g  +2.5g
19.0g  ~   20.8g  +1.8g
20.0g  ~   21.9g  +1.9g
21.2g  ~   24.5g  +3.3g
20.0g  ~   24.1g  +4.1g

と、こんなもんです・・・

に関しては、体重を減らしていたのが一頭だけで、±0が一頭、残りすべてがプラス体重となりました

しかし、一つの問題が発生してしまいました・・・


が、一頭を除いて軒並み縮んでおりました・・・・

グラム数にして、平均すると1~2g程度なのですが・・・・   何故なんでしょう

意味が解りません・・・・


一頭を除いて・・・と前記しましたが、その一頭がこちらです







20130214_094205.jpg
通常飼育:1本目11.3g2本目14.3g

皆様の個体と比べると、全く大した事は無いのですが・・・

今回の私のところのの体重が9~10g台が殆んどの中、この一頭だけが体重を延ばしておりました

何故
・・・・・もしかして、小さな♂だったりして・・・・・・チン線は確認出来ませんでしたが・・・・・




今回の結果だけですべてを判断する事は出来ませんので、引き続き、高濃度酸素飼育の検証を行っていきます

この高濃度酸素飼育と菌床、添加剤、気温、湿度などの飼育における要因となるものが嚙み合った時、奇跡が起こるかもしれませんね
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

パプキン…蛹化♪

新たな銘柄の菌床。。。

comment iconコメント

comment avater

よしくわ

こんにちは

きくまるさんも伸びていないですね。
ひょっとして菌の働きを活性化させて幼虫が逆に成長しにくい環境になっているのではないでしょうか。
直接、幼虫に酸素が届いていればいいのかもしれません。

2013年02月14日 13:09

comment avater

ヤコブ

Re: こんにちは

> きくまるさんも伸びていないですね。
> ひょっとして菌の働きを活性化させて幼虫が逆に成長しにくい環境になっているのではないでしょうか。
> 直接、幼虫に酸素が届いていればいいのかもしれません。


よしくわさん、こんにちは!

そうですよね・・・私も、きくまるさんのブログへお邪魔して、検証結果を拝見しましたが、伸びていませんでした・・・(汗)きくまるさんの所では、ビンに直接チューブを挿入して酸素を送り込んでいましたね、この検証スタイルは効率の良い酸素供給が出来るのでは?と私も非常に注目させて頂いていました。


我が家では一日約、5.5時間の高濃度酸素の注入時間を設けており、
酸素注入方式は、BOX内にチューブによって高濃度酸素を送り込む単純な方式でした。

菌糸がBOX内に充満している高濃度酸素の恩恵を受けられるよう、菌糸ビンの蓋を外してしまおうか!とも考えましたが、雑菌の混入を警戒してやめました・・・(汗)
その代わり、通気性の良いものに変えました。

どの菌糸ビンも、ビンの表面に激しい食痕が見受けられず、ビンを掘り返してみると、殆んどが同じ場所に留 まっている状態でした。
よく、皆さんが仰っている「食い上がる」状態とは程遠い感じでした・・・

BOX内の湿度が異常に高く、除湿剤が必要なほどでした。ビンの中も通常より湿っぽかったです・・・
 もしかしたら、高濃度酸素により、菌糸が活性化され、通常よりも水分の放出が多かったかもしれません・・(汗)
今回、オオヒラタケ菌を使用しましたが、茸の発生はそれほど激しくなく、放置できるレベルでした。
ビン中の菌が弱まっている感じでもありませんでした。

我が家のBOX内の菌糸ビンの劣化については問題が無く、むしろもう一ヶ月このまま飼育の延長をしても良い位でした。

他に大きく育たない原因として考えられるのは、餌慣れしていないニョロに対して、高添加の餌を与えた事で、ニョロの拒否反応が出てしまって餌食いが悪かったのかもしれません(我が家の場合、大型血統を使用しなかったので)・・・(汗)

あとは、高濃度酸素の供給量が圧倒的に少ないか、若しくは、BOX内の密封度が足りないか?(菌糸内のニョロに高濃度酸素が干渉出来るほどの濃度が足りないか?)です。

趣味の範囲の実験なので、それほど高価な設備は持ち合わせていませんので、それなりに限界はあると思います・・・(汗)

原因として考えられる事案を羅列してみましたが、どんなものでしょう??・・・(大汗)
長々とスミマセン・・・(大汗)

2013年02月14日 14:14

comment avater

桑名鷹

こんばんは♪

高酸素濃度は、とても注目させていただいておりますが、通常飼育の幼虫アベレージも高いんじゃないですか?

ウチの大型が出ると言われている川西血統と同じくらいです^^;
気候が適してるんでしょうか?

今年は、アレを使って、我が家も高酸素を少しやってみようと思ってます♪

2013年02月14日 19:06

comment avater

ヤコブ

Re: こんばんは♪

> 高酸素濃度は、とても注目させていただいておりますが、通常飼育の幼虫アベレージも高いんじゃないですか?
>
> ウチの大型が出ると言われている川西血統と同じくらいです^^;
> 気候が適してるんでしょうか?
>
> 今年は、アレを使って、我が家も高酸素を少しやってみようと思ってます♪

桑名鷹さん、こんばんは♪

高濃度酸素飼育はまだまだ研究が必要ですね!!
まだまだ頑張って行きます(^^)

そうなんですか!?川西産に近付けたら嬉しいですねぇ~(^^)v

例のアレですね!?
アレの検証は鷹さん宜しくお願いします♪
楽しみにしてます♪(^^)v

2013年02月14日 20:38

comment avater

かぶ

こんばんは^^

結果はう~んですが確かに酸素がどこまで届いていたかは
気になるところですね(^_^;)
もしかしたら1♀だけうまい具合に酸素が届いて大きくなったとか?
これはまだまだ検証が続きそうですね!

羽化まで引き続きがんばってくださいね(^o^)丿

2013年02月14日 21:46

comment avater

ヤコブ

Re: こんばんは^^

> 結果はう~んですが確かに酸素がどこまで届いていたかは
> 気になるところですね(^_^;)
> もしかしたら1♀だけうまい具合に酸素が届いて大きくなったとか?
> これはまだまだ検証が続きそうですね!
>
> 羽化まで引き続きがんばってくださいね(^o^)丿

★かぶ☆さん、こんばんは♪

結果は今一つと言った感じです…(;_;)
今後も引き続き頑張って行きます(^^)♪

1メスは通常飼育から出たんです…(;_;)
まだまだ、未知の部分が多いですねぇ~(。>д<)

2013年02月14日 22:05

comment avater

クレージーサマー森崎

流石です! (^O^)b

圧巻です!
とてもいい勉強になります m(_ _)m

2013年02月14日 22:32

comment avater

ダイトウ

こんばんは^^

菌糸や幼虫に対して酸素が多い事は
良いはずなんで更なる検証が楽しみです!
頑張ってください^^

2013年02月14日 23:09

comment avater

ヤコブ

Re: 流石です! (^O^)b

> 圧巻です!
> とてもいい勉強になります m(_ _)m

クレイジーサマー森崎さん、こんばんは♪

誠に恐縮です(;_;)
この高濃度酸素飼育と言うカテゴリーは本当に難しく、まるで、正解が見えません…(。>д<)
多分、正解は見つけられないかも知れません…(;_;)
諸先輩方の経験に伴った御助言を頂きながら、自分の考えに肉付けして
少しでも前進できるように頑張ります!!(^^)v

2013年02月14日 23:23

comment avater

ヤコブ

Re: こんばんは^^

> 菌糸や幼虫に対して酸素が多い事は
> 良いはずなんで更なる検証が楽しみです!
> 頑張ってください^^

ダイトウさん、こんばんは♪

そうですよね、菌糸と幼虫には高濃度酸素が有効だと私も思っています!!(^-^)
今回のデータを見直して、今期からの実験に備えます!!(^^)v
本当は、超高濃度酸素飼育による、逆発想の「酸素毒」としての実験をしたいのですが、
器材もそこまでやるお金も有りません…(T_T)
現状を工夫して頑張ります!!(^^)v

2013年02月14日 23:32

comment avater

ひでのぱぱ

こんばんわ

なかなかいい結果が出ないですね。。。(汗)
そこがまた楽しいんですが。。。(^^)
まだまだ、始まったばかりですので、がんばって下さいね。(^^)

2013年02月15日 23:54

comment avater

ヤコブ

Re: こんばんわ

> なかなかいい結果が出ないですね。。。(汗)
> そこがまた楽しいんですが。。。(^^)
> まだまだ、始まったばかりですので、がんばって下さいね。(^^)

ひでのぱぱさん、おはようございます!

そうですね・・・(汗)
なかなか結果は出ませんが、それがまた楽しいです!(^^V

ほんとに奥が深くて、どこまでやれるのか自分でもワクワクしてますよ!
これからも可能な限り、どんどん行きますね!

アドバイスを宜しくお願いします(--)

2013年02月16日 08:36

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。