上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今日の朝、仕事場にあるクワルームをのぞいてみると・・・

sヤコブ羽化1

前回ご紹介したスマトラ・アチェ、Sヤコブの蛹が羽化直前!!!

しばらく時間も忘れて観察していると・・・徐々に!!!


sヤコブ羽化2

sヤコブ羽化3

sヤコブ羽化4

sヤコブ羽化5

sヤコブ羽化6

sヤコブ羽化7

sヤコブ羽化8

sヤコブ羽化9

連続で神秘の瞬間をご覧いただきましたが、朝8:00頃から羽化が始まり、最後の写真が15:30・・・

頭が持ち上がるまでに要した時間は約、7時間半・・・

かなり時間が掛かるものですね!

私は相当の暇人ですね!(笑)

しかし、中々タイミングが合わず、羽化の瞬間に立ち会うことは難しいので、ラッキーでした!

羽化不全も無く、完品羽化しましたね!

今回、羽化して来ている個体群は、菌糸の添加剤の配合は少なめでの飼育でしたので、ディンプルも無く、とても綺麗な個体に仕上がっています!

サイズに関しても、血統の力を借りながらまずまずの成果を挙げることが出来ました。

この分ですと、次世代の菌糸への添加剤の配合をまだ強く出来そうです!

ボディサイズに比べて顎幅が細いので、添加剤の種類の配合内容を見直すことも必要になりますね!

顎幅は遺伝情報が強いと思われますが、試してみる価値は有りそうですね!

あとは、幼虫の温度管理方法も見直しが必要のようです。

今季の飼育で分かった事の一つに、私の所では冬場のオオヒラタの幼虫管理にヒーターなどの暖房が必要なく飼育出来る事、その分幼虫期間の延長が見込める事です!今回の私の所のオオヒラタの割出から羽化まで1年以上の時間が掛かりました。(♂の早期羽化も数頭いましたが)

♀はほとんどが10か月以内の羽化でしたが・・・♀のこれは仕方がないのかな??


大型を羽化させるためには、ペアリングの時期も大きく関係しているような気もしています!

折角オオヒラタの飼育環境が中々良いこの島ですので、この島の四季をもっと有効に使ってみます!!



スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ここまで来るのに永かったなぁ~~

いざ!実寸!!!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。