上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

皆さん、こんにちは!

久々の連投です!

私たちの子供の頃の遊びといったら、海へ行くか山で遊ぶかでした。。。

春から夏にかけての遊びは山での昆虫採集!

もっぱら採取の中心はハチジョウノコギリクワガタ。

一回の採取で100頭近く採ったことも・・・

昔は沢山居りましたなぁ・・・・

しかし、採れるのは小型ばっかり!

その中で当時友人が採った完全大歯型が忘れられません。。。

子供の頃の感覚でしたが、かなりの大きさがあったように記憶しています。。。

と言う思い出はさておき、本題です!



今年の6/2にペアリングし、7/25に割り出していた♂WD4.9㎜×♀WD3.0㎜の子供のその後ですが・・・

ノコ系の産卵セットは初めてでしたので上手く行かず、2頭のみの割り出しでした。。。
(その後の再セットでも3頭しか採れず・・・  

現在がこちらです。。。

ハチノコ1

ハチノコ2



まず1頭目。。。
ハチノコ3
11/24に交換。8.5gどうやら♂のようですが。。。

ハチノコ4
これは蛹室???でしょうか???

割り出しから4ヶ月半で???

体色もかなり黄色っぽい・・・


そして2頭目。。。
ハチノコ5
11/24の交換時の体重が8.7g

こちらも♂のようですね!

ハチノコ6
昨日は瓶底に見えていたのですが、本日は隠れてしまいました。。。

この体重ってどうなんだろう??

重いのか?軽いのか??

初めてなのでよく分かりません・・・(笑)



飼育方法はと言うと・・・・

1本目はマットで。。。

2本目はマット&菌糸のハーフ&ハーフのボトルで。。。

3本目は菌糸オンリーで。。。

気温は八丈島のほぼ常温管理です。。。

1頭蛹室らしきものを作っている所を見ると、ちょっと温度管理に問題があるのかなぁ~

八丈島の固有種ならば、地元であるこの島の環境に合わないはずは無い!と思っていたのですが・・・

それともマットや菌糸自体が普段の野生環境と違って高栄養なので、積算栄養に達してしまったのか??

出来れば子供の頃一度見た「完全大歯型」を再現したいのですがどうなりますか?

とりあえず贅沢は言わず、親は超えてみたいです!歯型は何でもいいので。。。

追ってご報告します!
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

明けましておめでとうございます!

ハチジョウヒラタA型の瓶交換。。。

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。