上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

さて、これから血を残していくであろう種親を紹介します!まず、昨年初令で頂いた山梨県韮崎市穂坂町三之蔵
F2オス(現在蛹です)と今年の6/24に山梨から入手した同産地のメス40mm今年の5/24羽化のペアです来年ペアリングします!こちらのペアは「為朝」(タメトモ)と名付けて管理します。もう一組は、山梨県甲斐市(旧双葉町)菖蒲沢F2オス70mm24年3/21羽化と同産地のメス46.1mm24年3/14羽化のこちらも来年用のペアです、
こちらのペアは「春雷」(シュンライ)と名付けて管理して行きます!!
最後に通販で買った国産累代CBのオス74mmとメス46mmのペアですがこちらは海王と名付け管理して行きます、この3系統での80UPをめざし日々精進いたします!
すでに、海王ペアはペアリングを6/22に開始して、6/24にはオス・メス別居させました、相性が良かったのかオスメス仲良く並んで休んでいましたし、メスが産卵材を齧り始めたのでオスがメスの邪魔にならないよう、そして、オスがメスに食われないよう配慮しました。産卵材はカワラ茸植菌材1本とニクウスバタケ植菌材1本の組み合わせを産卵セットに組みました。どちらが良く産み付けるか観察します!!あと、オスメス別けた理由の一つが、
産卵材をメスが齧り始めたら餌のゼリーをまったくと言っていいほど食べなくなったことで産卵の合図(オスメス別け時)と勝手に判断しました。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オオクワ 海王血統種親メスの産卵

はじめまして!!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。