上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

皆さんこんにちは! このところ、秋らしくなってきましたね!朝晩は少し肌寒く感じますが、皆さんの所はいかがですか?今日の八丈島の昼間の気温は23℃、湿度86%と言ったところです!
私は今、特に恒温庫のような物は準備しておらず、このまま冬に突入させます(汗)島の冬の暖かさを大いに利用して見るつもりです!

さて、ようやく菌糸ビンに幼虫投入から60日(約2ヶ月)がたちました!
通常管理の菌糸ビンがこれです!
!cid_01@121018_092538@_____SH01B@docomo_ne60譌・逶ョ1_convert_20121018095211
!cid_01@121018_092759@_____SH01B@docomo_ne60譌・逶ョ2_convert_20121018095326
上の写真がBOX1からの投入した分で、下の写真がBOX2と3の投入分です。

2ヶ月経ってもこんな按配です(汗)。。。

しかし、若干ではありますが、BOX2・3の方が食痕が目に見えて多く出ているようです!


そして、こちらがヤコブBOXに入れた菌糸ビン群です!
・「・ッ・ク2!cid_01@121018_093209@_____SH01B@docomo_ne60譌・逶ョ繝、繧ウ繝棒convert_20121018095759
ライトの光線で見えずらいですが、やはり、それほど多くの食痕はでていませんね・・・(汗)
今日のヤコブBOX内の気温は24.1℃、湿度は89%です。気温、湿度共に通常管理より高めですので、これが後にどういう結果に出るか?ですね!

ヤコブBOX内への高濃度酸素の注入時間は今のところ、一日に5.3時間です。機械に負担がかかる為、適度な
機械の休憩時間を作らなければなりません。本来ならば、24時間休みなく高濃度の酸素を注入させたいところなのですが・・・(汗)。私の持っている装置ではそこまでのスペックを持っていないのが残念です!

これは、私の勝手な解釈ですが、常に高濃度酸素に晒す事で、酸素の持つ「毒性」を利用して、絶滅回避のための防衛手段、いわゆる「巨大化」(昆虫類の幼虫は酸素濃度に対して体の調整が利かない為、高濃度の酸素毒に晒されると死んでしまうので自ら体を大きくして晒される面積を増やすことで危機を回避するのでは?)を狙うもので、本来、何万年の時の中での進化を、絶滅と言う目の前に迫った危機を与えることによって急激に進化させる、というのがこの実験の趣旨の一つであります。生物の進化には必ず理由があるはずなので、この試みも、ただ単に高濃度酸素を注入するやり方ではダメだと思っています、その先にある「進化の理由」を追求することが近道のような気がしています!


堅い話になっちゃいましたが(大汗)・・・スマトラのビンにニョロが見えましたので写真に撮ってみました!
・。1!cid_01@121018_093335@_____SH01B@docomo_ne繧ケ繝槭ヨ繝ゥ_convert_20121018100030
分かりますか?これ!
・。2!cid_01@121018_093501@_____SH01B@docomo_ne繧ケ繝槭ヨ繝ゥ_convert_20121018100710
菌糸ビン投入が9/7日で、13gありましたがこのニョロはまだ蛹化していません!ほっとひと安心です!
しかも入れた時より大きくなっているようです!まさか、蛹室作っておいでではありませんよね??


そして!こちらもカーケーさん印のパプキンのニョロです!
1!cid_01@121018_093617@_____SH01B@docomo_ne繝代・繧ュ繝ウ_convert_20121018100824
正面、上二つにはニョロが見えます!カーケーさん、6頭共元気です!

このニョロは何令なのでしょう?パプキンの菌糸ビンの交換時期はどれくらいでしょう?どなたか教えてください!!(汗)お願いします!。

因みに430mlのカップに投入したのが9/7日です。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

台風21号が去り、ビークワ45号が来る!!

ついに!スマトラ・ベンクール蛹化!!

comment iconコメント

comment avater

ホー助

あと1ヶ月ほどで交換ですね
実験結果が早くも楽しみです

冬はそちらは何度くらいになるのでしょう?
温室いらずとは羨ましいです

パプキンは一般的に200mlから300mlプリンカップのマットで1本返しです
卵から半年以内で羽化しますよ
菌糸でもよほど劣化や食い上げが激しくなければ現状維持でokです

2012年10月18日 13:44

comment avater

インディアン

初めまして。

高濃度酸素の実験、凄く興味深く拝見させて頂きました。
どのように成長してゆくのか楽しみですね!
期待しています!

2012年10月18日 14:00

comment avater

ヤコブ

Re: タイトルなし

> あと1ヶ月ほどで交換ですね
> 実験結果が早くも楽しみです
>
> 冬はそちらは何度くらいになるのでしょう?
> 温室いらずとは羨ましいです
>
> パプキンは一般的に200mlから300mlプリンカップのマットで1本返しです
> 卵から半年以内で羽化しますよ
> 菌糸でもよほど劣化や食い上げが激しくなければ現状維持でokです

ホー助さん、こんにちは!

はい!あと一ヶ月で交換です!しっかり居食いしてデカく成ってくれればいいのですが・・(汗)
期待と不安で一杯です!

冬でも外気温が零下にはなりません、室温だと12~13℃っていうところでしょうか。それでも、島の人間は寒がりなので、ストーブなどの暖房設備を使用しますので、室温はグッと上がりますよ!

パプキンの件のアドバイス参考に成りました!有難う御座います!
それにしてもパプキンは卵から半年で羽化とは速いですね!(汗)

2012年10月18日 14:42

comment avater

ヤコブ

Re: 初めまして。

> 高濃度酸素の実験、凄く興味深く拝見させて頂きました。
> どのように成長してゆくのか楽しみですね!
> 期待しています!

インディアンさん、はじめまして!

ありがとうございます!あくまでも持論の上での実験なので、はたしてどこまで結果が出るかわかりません(大汗)が、少しでも良い形が出れば面白いと思っています!

これからも遊びに来てくださいね!

2012年10月18日 14:50

comment avater

カーケー

こんばんは!!

3令後期だと思いますよ!ギリギリまでそのままでいいと思いますよ~~!!

2012年10月18日 18:41

comment avater

かぶ

こんばんは^^

実験する理由がすごいですね^^v
昆虫たちは過去から現代に進むにつれ
小型化になってきたんですかねぇ~
いずれにせよ結果が楽しみです!

2012年10月18日 23:07

comment avater

ヤコブ

Re: タイトルなし

> こんばんは!!
>
> 3令後期だと思いますよ!ギリギリまでそのままでいいと思いますよ~~!!

カーケーさん、おはようございます!

そうですか!3令後期ですか!有難う御座います!

しばらくはこのままで行きます!何色が出るか楽しみです!

2012年10月19日 08:24

comment avater

ヤコブ

Re: こんばんは^^

> 実験する理由がすごいですね^^v
> 昆虫たちは過去から現代に進むにつれ
> 小型化になってきたんですかねぇ~
> いずれにせよ結果が楽しみです!

かぶさん、おはようございます!

ありがとうございます!昆虫が過去から現在にかけて小型化してきたのは事実だと思います。
酸素濃度と昆虫の体のしくみも影響しているような気がします。

これからどのような結果がでるか、楽しみです!

2012年10月19日 08:28

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。